水琴窟(すいきんくつ)のイラスト万華鏡

水琴窟(すいきんくつ)のイラスト万華鏡 ブログで曼陀羅・万華鏡
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

水琴窟水琴音イラスト万華鏡

水琴窟をご存知でしょうか?


水琴窟(すいきんくつ)は、日本庭園の装飾の一つで
水滴により琴のような音を発生する仕掛けです。

構造としては底に小さな穴の開いた瓶が逆さに伏せた状態で土中に
埋められており、底は水が溜まるように粘土などで固められています。

上には一般的に手水鉢(ちょうずばち)が置かれていて、
そこから流れ落ちる水が瓶の穴を通して滴り落ちるようになっています。
その時の音が瓶の中で反響し琴の音のような音になります。
伝統的な水琴窟は茶室前の蹲踞(つくばい)に併設されることが多いそうです。


水琴窟は最初は洞水門(とうすいもん)と呼ばれており庭園に
設置されるものではなく手洗い場の排水設備だったそうで、
それが時々いい音を出すことがわかり庭師により改良されるようになりました。
水琴窟として知られるようになったのは江戸時代中期でそうで、
そのころの著名な茶人であり庭園作家でもある
小堀遠州の発明品という説もあるそうです。
江戸後期には一旦廃れ、明治時代再興したものの、昭和初期には
ほとんど忘れられた存在となりました。
1959年の東京農業大学の平山教授の報告書では二つの例が報告されていましたが、
ほとんど地面に埋もれ修復も困難な状況であったとのことです。
しかし朝日新聞による1982年の報道が多くの水琴窟の再発見へつながりました。
このあと、NHKにより取り上げられ再び注目されるようになったそうです。
音の出る庭園の装飾物としては他にししおどしもありますが、
これに比べ水琴窟は音量が小さく音色もよいことから
個人の住宅でも設置される例が少なくないそうです。


水琴窟の音は水琴音と呼ばれます。

音はさらに流水音および水滴音の二つに分けることができます。
手を洗っているとき大部分の水は小石や瓶の縁をつたって流れ去りますが、
これが流水音であり、内側の水滴音とハーモニーを奏でます。
手洗いが終わると流水音は徐々に終わり水滴音のみとなります。

よくできた水琴窟は瓶の複数の場所から水が滴り落ちるようになっています。
素焼きの瓶がよいのは湿気をよく保持し内面のより多くの場所から
滴下が始まるからだそうで、
音は水滴が水面に落ちたとき発生し瓶の内側で反響、増幅されます。
音色は瓶の形状や大きさ、さらには底の水の溜まり具合など様々な条件で変化します。

水琴窟は各所にありますが、ひとつとして同じ音の水琴窟はないといわれています。

(随分前に調べたので、出所はウィキペディアか何処か忘れました。)


長くなりましたが…そこで…

水琴窟…水琴音イラスト万華鏡

水琴窟・水琴音/イラスト万華鏡632

水琴窟・水琴音/イラスト万華鏡633

水琴窟・水琴音/イラスト万華鏡634



ブログ村で人気のイラストは…ブログ村 オリジナルイラスト

FC2ランキングで人気のイラストは…FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングで人気のイラストは…人気blogランキング


ダイエットの関連情報は…
ナイス・ミディのためのダイエット缶詰

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bungo25.blog82.fc2.com/tb.php/343-5a5b876f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。